株式会社ファインデックス FINDEX Inc.

投資家情報

文字のサイズ

FINDEXのビジョン、中長期的取り組み

FINDEXのビジョン

オンリーワンでありつづける。

当社は、急速な市場の変化に柔軟に対応し、未来を見据えた研究開発を続けることで、現場のニーズに応えることはもちろん、革新的なシステムを生み出し、新たな価値=『未来の当たり前』を創造し続けることのできるオンリーワンな企業であり続けたいと考えています。

中長期的取り組み

FINDEXは、コアな活動領域である日本の医療において作り上げてきた価値あるソリューションを幅広く有しております。そして世界には「一歩先行く」FINDEXの製品を必要としている地域や業種も数多く存在します。FINDEXの理念である「価値ある技術創造で社会を豊かにする」ことは日本の医療だけにとどまりません。目の前にあるハードルは決して低いものではありませんが、今後は国内外の販売パートナー様を通して海外および医療を含めた様々な業種へのシステム事業展開、またデータ活用による新たな事業展開を本格的に行うことで、マーケットの幅を広げ、高く評価されるFINDEXを築いてまいります。

医療システム

医師の利便性向上や診療の効率化、研究や病院経営に貢献

検査画像や文書などの様々な診療情報を統合管理し、データ活用するソリューションを提供
オフィスシステム

業界にあわせた運用負担のないIT推進で、業務効率化を支援

自社内で文書の統合管理、データ移行/連携が行えるソリューションを提供
医療データ集積

薬の製造単価の引き下げや、国民の健康管理、医療費削減などに活用

これまで誰も集めることができなかったデータ(視野疾病や在宅ケア情報)を収集し活用
AI分析・データヘルス

AI技術の活用により、個人や企業における従業員の健康管理に貢献

医療データやユーザーから取得したバイタル情報を分析し、必要な形に変えて提供

医療システム事業

医療システム事業は、当社の安定した成長を支える根幹です。独自の発想と技術でコツコツと実績を積み上げてきた当社は業界で高く評価され確固たる地位を確立していますが、今後も革新的な製品を生み出し続けることで業界をリードしていきます。各マーケットに対しては綿密なターゲティングを行い、戦略的にシェア拡大を図っています。リプレイス需要が中心となっている大規模病院については、確実にリプレイス需要をつかむと共に、導入製品の幅を拡大していくことでシェアを高めていきます。また、中小規模病院、診療所については、放射線部門システムを中心に代理店による積極的な販売拡大を図っています。今後は大学病院での実績と製品の最適なパッケージ化、他社との協業などにより、更なるシェア獲得を目指していきます。

オフィスシステム事業

2014年後半から取り組みを開始したオフィスシステム事業は、緩やかながらも着実に進捗しています。対象となるマーケットが広く、当社の持つ製品やノウハウが最も活かせる業界の調査とターゲティングに多くの時間を割くことになりましたが、これまでに取り組んだ案件に対して十分な手応えを感じており、今後の爆発的な事業拡大も十分可能であると考えています。今後は既にアプローチしている業界への提案・導入を中心に、並行して新たなマーケットの獲得と様々な業界での経験を持つ優秀な人材を確保していくことで、事業拡大を図っていきます。

医療データ集積・解析事業

2017年からは、医療データ集積・解析事業に取り組んでいます。国の方針として医療データの活用が推奨されており、各社様々なデータの収集に取り組んでいます。当社も、これまでに多くの医療機関でデータマネジメントを行ってきましたが、今後はこれまで誰も集めることができなかったデータを集めることで、他社との差別化を図っていきたいと考えています。既に、視野疾病に関する世界中のデータや医療と介護を跨ぐ客観的な在宅ケアのデータを収集することができるシステムの開発に着手していますが、今後も国の施策や創薬事業の流れに沿った価値あるデータを集積していくことで新たなマーケットを獲得していきます。

データヘルス事業

医療データ集積・解析と同じく2017年からは、データヘルス事業(医療データ分析およびビジネス・パーソナルデータヘルス)に取り組んでいます。昨今、個人の健康管理はもちろん、企業における従業員の健康管理への関心も高まっていることから、ユーザーから取得したバイタル情報などを分析し必要な形に変えて提供することで新たなビジネスを創出できると考えています。クラウド化やAI技術の研究が進む中で様々なデータが活用され始めていますが、連結子会社イーグルマトリックスコンサルティング株式会社と連携し、両社がこれまで蓄積してきたノウハウや技術をもって、優位にデータヘルス事業を展開していきます。

新規事業の創出

当社では、主たる事業である医療システム事業を中心に、既存の製品やノウハウを活かせる市場に対して積極的に事業を拡大してきました。今後もこの方針のもと、既存領域におけるシェア拡大を最大の目標として取り組んでいきますが、世の中のニーズに合わせて、当社の強みが活かせる隣接領域に対しては既存事業の幅を広げる形で新規事業に取り組むことも検討していきます。

財務目標

当社では経営指標の中でも「利益率」を重要視しており、具体的には、売上高経常利益率30%以上を目標としています。また、長期的な視野において株主様に利益を還元する体制の構築に努め、配当については配当性向を重要指標として継続していきたいと考えております。