製品
一覧 >

DigiWorker(デジワーカー)  RPAツール

DigiWorker(デジワーカー)は誰でも簡単に導入できるRPAです。価格を抑えシンプルな機能で構成されており、金額や敷居の高さでRPAの導入を見送られていた方にもおすすめです。経理部門、勤怠管理、データ登録、情報システム部門など様々なシーンでご利用いただけます。

RPA(Robotic Process Automation)とは

RPA(Robotic Process Automation)とは、データを収集・加工しシステムに登録するといった、オフィス業務自動化の取り組みやソフト自身を指す言葉です。働き方改革を推進するキーワードとして、単純作業を自動化するRPAに注目が集まっています。
RPAは、人手不足を補う以外に、従業員をルーティンワークから開放し、より生産性の高い仕事にシフトすることが出来ます。

こんな場面で活躍します

ファインデックスのRPAツールは、フロントオフィスからバックオフィス業務まで、データの収集や登録などこれまで人間が行ってきた様々な業務を自動化し、休むことなくあなたの代わりに働き続けます。データの見落としや入力ミスもなくなり業務の質向上も図れます。

DigiWoker 3つの特長

Point1.誰でも簡単に使える

業務シナリオの設定には、複雑なプログラム設計や専門的な知識は必要ありません。多彩なアクションボタンと、画面上からデータを取得する技術を用いて簡単にシナリオを作成できるため、業務部門の方だけでご対応いただけます。

Point2.低価格

DigiWorkerでは、導入しやすい価格を実現しました。導入後、追加コンサルタント費用が必要になることはありません。

Point3.すぐに始められる

PC1台から動作させることが可能なため、高価で複雑なサーバは必要ありません。作成できるシナリオ数に制限はないので、まずはスモールスタートで一部署から始めた後に社内全体へと展開していくことで大きな効果につなげることができます。

シナリオ作成画面

現在の業務を自動化するためのシナリオは、実行したいアクションをボタンから選択して作成します。簡単なステップを繰り返すだけなので、プログラムやITに詳しくない方でもあっという間にシナリオを作成することができます。

想定イメージ:
帳票形式で登録されている売上管理ツールから顧客氏名、住所、売上品目、個数、金額などの情報を取得し、別のアプリケーションに移行するシナリオを作成しています。

シナリオ実行画面

シナリオが実行されると自動的に画面が操作・展開され、予め設定した内容に従いDigiWokerがデータの収集や登録などの日々の業務を行います。

想定イメージ:
売上管理ツールから取得したデータを別のアプリケーションに自動で移行している様子です。

ファインデックス独自の機能

精度の高い業務自動化には、画面上にどのような文字が表示されているのかという状況把握が欠かせません。一般的な文字認識技術(OCR)では認識精度に限界があることから、当社では独自特許技術"BCR"を採用し、100%の精度での文字認識を実現しています。
このBCR技術を用いることで、基幹システムやWebブラウザ、CSVファイルなど、普段の業務で利用している様々なアプリケーションからデータを取得することが可能になります。

特許第6080586号,PCT/JP2013/059508

文書システムとの組み合わせで広がる活用法

あらゆる仕事で大きな負担となる、請求明細や報告書などの文書作成"作業"。これをRPAによって自動化することで、工数削減や経営スピード向上だけでなく、手作業によるミスの防止にも繋がります。
ファインデックスでは自社開発の文書システムDocuMaker Officeと連携することで、外部システムから複数のデータを取得し文書を自動生成、さらに作成した文書を検索性一覧性のあるデータベースとして構築することも可能です。
例えば、様々なシステムを開いて作成していた納品書などを、毎日自動で生成することができます。

▲ ページの先頭へ

詳細やデモンストレーションなどについては当社までお問い合わせください。

お問い合わせ

製品一覧へ戻る ▶