ファインデックスの働き方改革ソリューション

働き方改革とは
少子高齢化に伴う労働力不足が大きな課題となっている昨今。育児や介護との両立など働く方のニーズも多様化しており、企業は労働環境の見直しを迫られています。これまで慣習化していた長時間労働や残業が日本経済の低下につながることが懸念される中、政府主導で生産性向上とそれによる経済発展を目的に働き方改革が進められています。働き方改革を実現できない企業は働き手から選ばれなくなり、存在すら危ぶまれることになるかもしれません。これを機に、貴社でも働き方改革に取り組んでみてはいかがでしょうか。

働き方改革を
実現する3つの要素

長時間労働の是正
過労死や長時間労働による自殺がニュースで取り上げられるようになり、長時間労働が問題視されています。労働時間の上限設定や勤務時間インターバルの導入、健康管理など規制が強化される中、企業は制度の制定や見直しだけでなく、既存業務をいかにして維持していくのかという課題に直面しています。
  • 労働生産性の向上

    少子化が進む日本の2050年の労働者人口は現在から4割減ると言われています。今後、人的リソースに頼らなくても企業が成長していくためにより一層の労働生産性の向上が求められています。

  • メンタルヘルスケア

    労働者が健康に働くための環境を整備するには、労働時間を管理するだけでなく従業員の心のケアにも気を配ることが大切です。定期的にメンタルヘルスケアを実施し職場環境を改善することが重要です。

柔軟な働き方を
実現しやすい環境整備
働く側のニーズが多様化する中、ワークライフバランスを意識した環境を整えることで、労働力の有効活用とひいては生産性向上が図れます。
  • テレワークの実現

    テレワークを導入すれば、子育てや介護、病気の治療中でも時間や空間の制約なく働けます。優秀な人材や眠っていた労働力を活かすだけでなく、企業の災害リスクマネジメントとしても有効です。

ファインデックスの
働き方改革
ソリューション

  • テレワークの実現労働生産性の向上

    文書管理システム

    DocuMaker Officeドキュメーカー オフィス
    DocuMaker Officeは、文書を「探す」「閲覧する」「作成する」「承認してもらう」「保管する」「正しく廃棄する」といった全ての働き手の負担となっている文書にまつわる課題を解決します。セキュアに業務文書を遠隔地へ共有できるので、テレワークの実現にも寄与します。
    製品ページはこちら ▼
  • 労働生産性の向上

    RPA(業務自動化ツール)

    DigiWorkerデジワーカー
    DigiWorkerは、今まで人間が行ってきた様々なPCでの定型業務や単純業務をロボットにより自動化します。1日の終わりや月末に集中する集計処理から解放されることで長時間労働を抑制できるだけでなく、空いた時間の有効活用によって生産性向上も実現できます。
    製品ページはこちら ▼
  • メンタルヘルスケア

    ストレスチェックシステム

    DocuMaker StressCheckドキュメーカー ストレスチェック
    DocuMaker StressCheckは、2015年12月に義務化されたストレスチェックの実施はもちろん、社員向け満足度調査などの独自アンケートにも活用できます。社員の心の不調を事前に把握しておくことで、適切な対応も可能に。働きやすい環境整備にご活用いただけます。
    製品ページはこちら ▼