株式会社ファインデックス FINDEX Inc.

製品一覧 >

在宅アセスメントシステム

在宅アセスメントシステムは、ITを利用した定期的なアセスメント、客観的な評価を根拠として訪問看護計画の立案、評価により、業務の効率化と質の向上を支援します。日本訪問看護財団および愛媛県訪問看護協議会と共に開発し、クラウドサービスとして提供いたします。

アセスメントシステムの特長

アセスメントシステムは、担当者の経験やスキルを超えて、定期的なアセスメントとアセスメントに基づいた訪問看護計画の立案、評価が行えるシステムです。

訪問看護計画立案までの流れ

初回訪問時にフェイスシートを作成し、その後定期的にアセスメントを行います。システムの流れに沿って課題を抽出して整理することで訪問看護計画書を作成できます。

アセスメント経過による訪問看護計画の評価

アセスメント結果を点数化することで「看護の見える化」が図れます。表やグラフで経過を視覚的に見ることで、計画の妥当性を評価し適切な計画立案へと活かすことができます。

システム導入

WEBサービスなので、パソコンとインターネット環境があればすぐにご利用いただけます。新たなパソコン・サーバ機器の購入やパソコンへのセットアップ作業などは必要ありません。

病院の退院支援部署での利用

当アセスメントシステムは、訪問看護事業所だけでなく、病院の退院支援部署や在宅医療に関わる施設、居宅介護支援事業所などでもご利用いただけます。入院中に在宅療養を見据えた詳細なアセスメントを実施することで、在宅の質の向上と早期退院が期待されます。

▲ ページの先頭へ

詳細やデモンストレーション等については当社までお問い合わせください。

お問い合わせ

製品一覧へ戻る ▶