株式会社ファインデックス FINDEX Inc.

製品一覧 >

Claio(クライオ)耳鼻咽喉科パッケージ  医療用データマネジメントシステム

画像ファイリングシステム Claio 耳鼻咽喉科パッケージは、Claioの画像ファイリング機能に、耳鼻咽喉科特有の検査データを効率的に管理することができる専用インターフェイスを搭載した統合パッケージです。数値系データの取り込みやスコア入力がスムーズに行える他、検査データの時系列参照やオージオメータのグラフ表示が行えます。

耳鼻咽喉科でのシステム運用

C-Note+Claio耳鼻咽喉科ソリューションでは、耳鼻咽喉科診療における検査データを集約し、管理するための最適なプログラムを用意しています。様々な検査機器からのデータを自動取り込みすることはもちろん、比較表示機能、重ね合わせを使用したグラフによる比較など、患者様にもわかりやすく、管理する側のドクターや検査者にも使いやすいシステム構成となっています。

耳鼻咽喉科向け機能

C-Note+Claioのプログラムは、多数の検査機器との接続連携実績があり、スピーディーな検査データの収集と、すばやくどこでも参照できるという効率的な診療の流れを実現します。数値データ、画像データ、動画まで様々な診療パターンに対応し、抜群の診療効果を上げるシステム構成となっています。

耳鼻科検査機器からのデータ収集・管理

耳鼻科検査機器からのデータ収集・管理

オージオメータからの標準純音聴力検査は、数値データとして管理するとともに、グラフ化しての比較や重ね書きが可能です。また、インピーダンスオージオメータ、耳管機能検査、OAEといった検査機器からのデータも画像としてClaioに登録でき、統合的に管理が行えます。

専用入力テンプレート

専用入力テンプレート

耳鼻咽喉科版検査ビューアには、耳鼻咽喉科診療での検査数値を入力する為のテンプレートが用意されています。紙では面倒だった顔面神経スコア等、テンプレートから数値を入力するだけで、自動計算する機能もあり、検査結果記載の効率化をサポートします。

レポート作成

レポート作成

検査報告書・サマリなどのレポートは、Claioで保存した画像をドラッグ&ドロップ操作によりテンプレートに貼り付けながら効率よく作成可能です。動画ファイルを複数貼り付け、連続再生することも可能です。術中スナップ動画の動画レポート等で活用することができます。

画像・シェーマ機能

画像・シェーマ機能

Claioで管理している画像を機能タブ内から呼び出してC-Note上に貼り付けできます。シェーマはペンタブレットを利用した手書き感覚での記載に加え、経過観察といったニーズに応えるDoシェーマ機能を備えています。これは、過去に描いたシェーマを当日に引用して加筆、修正を行える機能です。

診療支援ツール(C-Note診療ガイドライン連携機能)

診療支援ツール(C-Note診療ガイドライン連携機能)

C-Noteは「急性副鼻腔炎」「副鼻腔炎」「急性中耳炎」「咽頭・扁桃炎」といった症状に対する診療ガイドラインと連携して、記事を作成することができます。
専用の入力パネルを用いてスコアリングした結果を、ダイレクトに記事記載エリアに貼り付けることが可能です。典型症例と患者様の検査画像を比較しながらスコアリングすることにより、ドクターの診療を強力に支援します。

眼振検査支援プログラム  C-Nys【シーニス】

眼振動画取り込み

事前に検査項目内の頭位順を登録しておくことで、頭位の選択なくフットスイッチ操作だけで動画取り込みが可能。

眼振検査レポート作成

検査後、簡単にレポート作成し、動画と合わせてClaioで管理。
レポート作成画面から動画再生も可能。

※ 当製品は診療記録の為のデータ保存を使用目的としているため、医療機器プログラムではありません。

▲ ページの先頭へ

詳細やデモンストレーションなどについては
当社までお問い合わせください。

お問い合わせ