株式会社ファインデックス FINDEX Inc.

製品一覧 >

Claio(クライオ)  医療用データマネジメントシステム

画像ファイリングシステム Claioは、紙カルテレス化を行う過程で取りこぼされやすい画像やデータを効率よく管理し、さらに価値ある利用を行う為の機能を搭載した、医療用データマネジメントシステムです。検査機器1台の画像データから大規模病院にある各診療科の自科検査、各種紙データなどのトータルファイリングまで、幅広く利用できます。

院内の様々なデータを統合管理

非DICOMモダリティ

  • 耳鼻咽喉科・頭頸部外科
  • 眼科
  • 各科エコー/内視鏡

非DICOMモダリティでも専用のデータ変換装置を必要とせず、Claioの持っている機能/オプションでデータ化します。

DICOMモダリティ

  • エコー
  • 内視鏡
  • DICOM I/F 検査機器

DICOMモダリティではDICOM通信の他、DICOMキャプチャ方式でのデータ取り込みが可能です。

画像サマリ機能

様々な検査機器から取り込むことができ、画像サマリ機能を使えば、各診療科の検査結果やレポート、動画等を一元管理できます。一人の患者さんに対して、それを全科共通で俯瞰で見ることができるので、データに横串を刺して活用することができます。

電子保存の三原則を担保

Claio(クライオ)では電子保存の三原則を担保すべく、すべての操作記録を保存し、データに対する操作情報を再現性を保った状態ですべて保存しております。保存されているデータはシステム停止時にも参照可能な状況で提供いたします。また、システム構成として、クラスタサーバでの構成、DBミラーリングでの構成に対応しており柔軟なシステム構成が可能です。

動画のHi-Vision信号キャプチャにも対応

S-Video、コンポジットのアナログ映像機器の静止画・動画の取り込みはもちろん、HDMI、DVIで出力する映像機器の静止画・動画の取り込みも行えます。

画像送信連携

電子カルテに画像を送信すると、プログレスノートに文字列やサムネイルが表示されます。また、プログレスノートに貼り付けされた画像から、ファイリングシステムの該当画像が開きます。

Claio Tablet Android/iPad(クライオ クライオタブレット)  医療用データマネジメントシステム

タッチ方式での視力入力や、
場所を選ばないアナムネの入力もコンパクトなタブレットで!

タブレット入力にも適した操作性を実現しました。
画像参照では、Claioで管理している画像を表示する事が可能です。

主な機能

  • 視力入力機能
  • 自覚履歴表示・引用
  • 他覚履歴表示
  • ボタンフォーム機能
  • コンタクト入力機能
  • 斜視入力機能

※ 当製品は診療記録の為のデータ保存を使用目的としているため、医療機器プログラムではありません。

▲ ページの先頭へ

詳細やデモンストレーションなどについては
当社までお問い合わせください。

お問い合わせ

製品一覧へ戻る ▶