株式会社ファインデックス FINDEX Inc.

製品一覧 >

ClaioBOX(クライオボックス)  画像・文書ファイリングシステムパッケージ

クリニックにもClaioを
システムで患者情報を効率的に管理する

近年小規模医療機関でもIT化は進んでおり、レセコンや電子カルテの導入を行うクリニックも増えてきました。しかし、その中でもいまだに紙運用を続けているケースもあります。例えばエコーなどの検査画像や紹介状などの文書です。

そこで当社では、大学病院スペックのファイリングシステムClaioを基本機能はそのままに、クリニック向けに機能と価格を圧縮した「ClaioBOX」を販売しました。多くの患者様を抱える大学病院での診療を支えてきた実績をもつClaioを、クリニックで利用することによりどのような変化がもたらされたのか、その導入事例をご紹介します。

今回ClaioBOXを導入した
医療機関様
Tクリニック様 (東京都)
[産婦人科・内科]

クリニックならではの細やかな心配りと、大病院での経験を活かした高いレベルの医療を両立するクリニックで、地域のかかりつけ医として、婦人科一般を幅広く診療していらっしゃいます。
開院当初より院内のIT化には積極的に取り組んでいるものの、エコーを多用する婦人科ゆえに、その画像の管理にお悩みでした。

ClaioBOX導入前の運用と問題

ClaioBOXを導入する前は、レセコンと電子カルテを利用して診療を行っていました。電子カルテを導入していたので紙カルテの搬送を行う必要はなかったのですが、それでも全ての患者情報を電子カルテだけで管理することは難しく、未だに紙で運用をしているものもありました。

電子カルテから取りこぼされて残った紙運用の問題

エコー画像

Tレディースクリニック様では、エコー画像はプリントアウトして保管していました。毎回2枚プリントアウトし、1枚を患者さんにお渡しして、もう1枚は日付を記入した紙の台紙に貼り付けて患者ごとにクリアファイルへ挟んで保管していました。

台紙に貼り付けてファイリング。
手間がかかるし探すのも大変!

他院への紹介状

他院へ紹介状を書く必要が出てきた場合に台紙に貼り付けて保管しているエコー画像をコピーして紹介状に貼り付けていました。当然、画質は元の画像より劣化していますし、記載したレポートを診察室から受付まで搬送する必要もありました。

画像は1枚しかないのでコピー。
画質も劣化するし手間がかかる!

他院からの紹介状

他院からの紹介状についても患者ファイルに挟んで紙のままで保管していました。せっかく電子カルテがあって紙カルテを搬送しなくてよくなったのに、紹介状を受け取る為に診察前に看護師が受付まで取りに行く必要がありました。

看護師が診察前に受付に取りに行く。忙しいのに大変!

問題を解決するには?

※ 当製品は診療記録の為のデータ保存を使用目的としているため、医療機器プログラムではありません。

▲ ページの先頭へ

詳細やデモンストレーションなどについては
当社までお問い合わせください。

お問い合わせ