株式会社ファインデックス FINDEX Inc.

製品一覧 >

ClaioBOX(クライオボックス)  画像・文書ファイリングシステムパッケージ

問題解決の方法:ClaioBOX選定のポイント

Tレディースクリニック様では、問題を解決する為にClaioBOXを導入することになりました。導入の決め手となったのはどういうころなのか。ClaioBOXの特徴をご紹介します。

オールインワンパッケージなので、必要なものは揃っていてすぐに使える!

パソコンやタッチパネル、ハードディスクやUPS(無停電電源装置)も標準装備しています。患者情報連携ツールも搭載していますので、電子カルテとの連携にもシステム改造や別途費用は必要ありません。また、自動バックアップ/復元機能もあるので安心してご利用いただけます。

大学病院スペックのClaioが100万円から利用できる!

多くの大規模病院のニーズを汲み取り、機能を拡充してきた大学病院スペック(※1)のClaioを、100万円からご利用いただくことができます。Claioの基本機能はそのままに、クリニックに必要な機能に圧縮することで価格も抑えることができました。患者情報連携機能も搭載しているので、レセコンや電子カルテとの接続費用も必要ありません。

※1.Claioと比べて接続可能台数やいくつかの機能に制限があります。

導入に時間がかからない!

パソコンにプリインストールした状態でご提供しますので、検査機器と接続するだけですぐに利用することができます。豊富な導入経験を活かして、各クリニックの運用に即した形で導入させていただきます。

追加で受付や別の診察室での利用にも対応可能!

ClaioBOXでは、検査機器1台との接続を基調としていますが、オプションで接続機器台数を増やすことも可能です。また、取り込み用端末とは別に、1台分の参照用端末のライセンスを同梱しておりますが、受付端末など別の端末にも追加でソフトをインストールして院内の様々な端末でも参照していただけます。

ClaioBOX導入後の運用

エコー検査の静止画・動画をシステムへ取り込み

これまでプリントアウトしていたエコー画像も、簡単な操作でシステムに取り込むことができるようになりました。取り込んだ画像は患者単位で管理されており、容易に見たい画像を探しだし比較することが可能です。
また、動画保存ができるようになったことで、後々紹介状の作成が必要になった場合にも動画から静止画を生成し、紹介状に貼り付けることができるようになりました。

システムで管理するので、見たい画像がすぐに探せ、後から紹介状を書く時にも簡単に画像を添付できる!

紹介状などの文書も画像と一緒に患者単位でファイリング

画像だけでなく紹介状などの紙文書もスキャナで取り込み、患者情報を付与してファイリングすることができるので、これまで分散していた患者情報を効率的に管理するだけでなく、必要な患者情報を迅速に検索することができるようになりました。

文書と画像を一緒にシステムで管理でき、患者情報を集約できる!

受付とのデータ連携

他院からの紹介状は受付でスキャナを利用してClaioBOXに取り込むので、診察室ですぐに参照することができます。また、他院への紹介状も診察室で医師が記載したものを受付のプリンターで印刷することができるようになったので、紙の搬送を行う必要がなくなりました。

紙の搬送がなくなる!

レポート作成機能

ClaioBOXにはクリニックの診療で頻繁に利用されるレポート13種類が予めプリセットされているので、取り込んだ画像やシェーマなどを利用してレポートを作成することができます。紹介状だけでなく様々なレポートを簡単に記載できるようになりました。

画像やシェーマを利用して様々なレポートが作成できる!

将来の展望

より多くの患者情報を管理

今回導入したクリニック様では、現在、エコー検査の画像・動画と紹介状のみをClaioBOXで管理しています。
今後はExcelで作成した地域連携パスなどの文書も保存していくことで、院内の患者情報を電子化して一元管理していきたいそうです。

地域連携の基盤として活用

自院の患者情報をシステムで一元管理していくことに加えて、今後は地域連携においても活用していきたいとお考えです。
連携先病院との画像連携など、他院の情報も含めて患者情報を一元管理していく連携基盤としてClaioBOXをご活用いただけます。

ClaioBOX導入前の運用と問題

※ 当製品は診療記録の為のデータ保存を使用目的としているため、医療機器プログラムではありません。

▲ ページの先頭へ

詳細やデモンストレーションなどについては
当社までお問い合わせください。

お問い合わせ