パンフレットダウンロード >

製品
一覧 >

ClaioBOX(クライオボックス)  画像・文書ファイリングシステムパッケージ

改造不要の患者連携機能により、患者単位でファイリング

患者基本情報連携

レセプトシステムや電子カルテシステムから患者基本情報を取得し、様々なデータを患者単位でファイリングします。ORCAとの連携においては、ORCA標準のCLAIM連携により患者情報を取得。その他のシステムにおいても、Data-Connector※1を利用して改造を加えることなく患者情報を取得します。

※1. 当社のEAIツールで、画面上に表示されている文字をデータとして取得することができます。

検査画像取り込み

モダリティ側で患者情報を入力することなく、画像を取り込むことができます。取り込んだ画像は、レセプトシステムなどから取得した患者情報を付与し、患者単位でファイリングします。

検査室だけでなく、診察室や受付でも患者情報を活用

電子カルテ端末などにインストールしてお使いいただけるClaioClient※2を利用して、検査室などに設置したClaioBOX本体だけでなく、診察室の電子カルテ端末や受付端末でも画像参照やファイル取り込みなどが行えます。

※2. アプリケーション付属。PC本体及び設定費用は別途必要。

※ 当製品は診療記録の為のデータ保存を使用目的としているため、医療機器プログラムではありません。

▲ ページの先頭へ

詳細やデモンストレーションなどについては当社までお問い合わせください。
「製品購入検討」に
関するお問い合わせ 
ORCAベンダ様など、製品販売・お取扱いについてもお気軽にお問い合わせください。
「製品販売・取扱い」に
関するお問い合わせ