製品
一覧 >

C-Nys ME(シーニス ME)  眼振解析支援システム

製品画面イメージ

眼振解析支援システム C-Nys MEは、医薬品医療機器法における医療機器プログラムとして認証された眼振解析システムです。ビデオ眼振検査におけるスムーズな動画像取込と診断、レポート作成を支援します。

C-Nys MEの特長

検査の流れ

1. 眼振動画取込

事前に検査項目内の頭位順を登録しておくことで、頭位の選択を行うことなくフットスイッチ操作だけで動画を取り込み検査を進行することができます。
検査パターンの登録も行えます。

  • ● 非注視眼振+頭位眼振
  • ● 再診:頭位眼振+頭位変換眼振
  • ● カロリック  etc...

2. 画像解析による診断支援

システムが解析した眼振方向・強度を参考に、取り込んだ動画を確認して診断を行います。

3. 眼振検査レポート作成

検査頭位と眼振方向・強度の矢印が反映されたレポートが作成されます。レポート上から動画再生や結果波形表示も行える為、必要に応じて眼振矢印を変更します。

過去眼振との比較再生

同一頭位の検査を矢印表記と共に一覧で表示し、選択動画を比較再生することができます。動画は最大で4つ選択することができ、ワンクリックで直近の動画4つを再生することもできます。

Claioによる管理

統合ファイリング

画像ファイリングシステム「Claio」で、眼振動画やレポートをまとめて管理します。眼振検査だけでなく、他の耳鼻科内の検査データや他科の検査画像などを一元管理します。

自動属性付与

事前に登録された頭位順に眼振動画の取り込みを行い、それぞれの動画に自動で頭位の属性を付与します。Claioでは、属性による絞り込み表示が行えます。

※販売名:眼振解析支援システム C-Nys ME
 認証番号:229ALBZX00018000

▲ ページの先頭へ

詳細やデモンストレーション等については当社までお問い合わせください。

お問い合わせ

製品一覧へ戻る ▶