株式会社ファインデックス FINDEX Inc.

製品一覧 >

LIS  内視鏡システム

LIS超音波システムは、受付から検査実施、画像取り込み、実施情報送信、レポート作成に至るまでの進捗を管理します。電子カルテとの連携によりスピーディーに情報を入力でき、画像やレポートもシームレスに参照できます。部門内で発生した新規オーダにも対応でき、受付のみで完了する検査や、実施入力(処置薬の入力等)が必要な検査の両方の運用をサポートします。

運用フロー例

電子カルテと密に連携することにより、検査の依頼から検査実施、結果送信までの進捗を管理し、スムーズな部門内の運用をサポートします。また、業務データを管理し、統計などに活用することもできます。

検査オーダ

電子カルテで入力された検査オーダを受信します。検査目的や病名、転科・転棟・転室・退院情報、感染症、禁忌情報なども受信して患者情報を正しく管理します。

受付処理

受付から検査実施、レポート作成までの進捗を管理します。受付時にはワークシートを出力し、検査の運用を支援することも可能です。

検査実施

検査画像ファイリング

手元スイッチやフットスイッチを利用して静止画や動画の取り込みを行うことができる他、DICOM接続により、心エコーなどの検査画像やDICOM SRで出力される計測情報も取り込むことができます。

レポート作成

検査レポートは医療機関に合わせて自由に作成できる為、今まで利用してきたレポートをそのまま利用することができます。記載時には、オーダに紐づいたレポートが選択された状態で起動され、画像貼り付けやDICOM SR計測情報、HIS連携項目・実施情報を利用して記載を行うことができます。登録したレポートは電子カルテにも反映されます。

業務データ管理・統計機能

検査の実施情報は業務データとして管理され、レポート記載に利用できる他、検査項目別にCSV出力することができます。また、記載したレポートの内容についても、入力項目1つ1つをタグ付けして管理しております。その結果として、必要な項目を自由に選択して経時的に参照したり、統計に利用することができます。より詳細なデータの出力が可能なので、学会での症例発表にもご活用いただけます。

電子カルテとの連携

検査オーダを受信し、実施情報を送信します。オーダ時に入力される検査目的、検査時の病名、感染症情報、転科・転棟・転室・退院情報などについても受信し、入院患者の検査を正しく管理します。

フロート図

取り込んだ画像やレポートは電子カルテに送信し、診療記事に貼り付けることができます。レポートは、画像だけでなくDICOM SR計測情報を利用して記載が行えます。また、電子カルテ上に表示された画像やレポートから、画像ファイリング機能(Claio)やレポート記載機能(DocuMaker)を呼び出して参照することもできます。

▲ ページの先頭へ

詳細やデモンストレーションなどについては
当社までお問い合わせください。

お問い合わせ