製品
一覧 >

ProRadQA(プロラドQA)  統合検像システム

ProRad QA製品画面イメージ

統合検像システムProRad QAは、どの端末からでも操作することができるサーバー/クライアントタイプの検像システムです。通常の検像業務に加え、メディアインポーター/エクスポーター機能、デジタイザ機能、ゲートウェイ機能を実装しており、汎用的にご利用いただけます。オーダー情報・画像・線量情報を集約表示し、スムーズな診断と医療ガイドライン準拠をサポートします。

ProRad QAの特長

Point1.メディア入出力や画像解析など、豊富な機能で業務を幅広く支援

通常の検像業務だけでなく、メディアインポーター/エクスポーター機能やデジタイザー取り込み機能、線量解析などの機能を搭載しており、これまで複数のシステムで対応してきた機能を統合することにより、スムーズなワークフローを実現します。
※線量管理には別途線量管理システムが必要となります。

Point2.全てのモダリティの検像が可能

それぞれの検査に応じた検像業務に特化した造りになっており、1システムで全モダリティの検像を行うことができます。各モダリティの検査実施状況やPACS転送状況も管理でき、スムーズな運用が行えます。

Point3.他システムとの連携により情報を集約し、検像業務を効率化

RISとオーダー情報を連携することで、実施情報を確認しながら検像を行うなど、検像業務を1台の端末のみで完結させることができます。複数のシステムを見比べることなく1端末で業務が行えるため、業務の効率化が図れます。

幅広く業務をカバーする多彩な機能

画像確認、シリーズ編集、DICOMタグ解析/変換/編集など検像を行う上で必要な機能を網羅しているだけでなく、検像業務以外のメディアインポーター/エクスポーター機能やデジタイザー取り込み機能、線量管理やゲートウェイ機能、データ解析といった機能を搭載しています。様々な機能を実装することで散在していたシステムを統合し、スムーズなワークフローの実現を支援します。

検像システム1つで様々な機能をカバーすることにより、これまでシステム毎にかかっていた保守費用を圧縮することができます。

柔軟な運用を実現する サーバー/クライアント型

サーバー/クライアント型システムのため、業務内容に沿ったクライアント端末数/接続装置数でライセンスを購入することにより、コストパフォーマンスの向上が図れます。

モニター構成

クライアント端末は、1面や2面の様々なモニター構成に柔軟に対応します。

  • スクエア
  • ワイド
  • スクエア+ワイド
  • スクエア+高精彩(縦)

機能

運用フロー

一般撮影の場合

  1. 1.撮影
    撮影します。
  2. 2.検像
    検像システムに画像が到着すると、自動的にVIEWERが起動し画像を表示します。
  3. 3.シリーズ単位転送
    検像完了後、各シリーズの転送ボタンからシリーズ単位でPACSへ送信します。

CT/MRIの場合

  1. 1.撮影
    撮影します。
  2. 2.検像
    検像システムの検査一覧画面にて、撮影画像の転送が完了したらVIEWERを起動し検像を開始します。
  3. 3.シリーズ単位転送
    検像完了後、転送ボタンから検査単位でPACSへ送信します。

※当製品は診療記録の為のデータ保存を使用目的としているため、医療機器プログラムではありません。

▲ ページの先頭へ

詳細やデモンストレーション等については当社までお問い合わせください。

お問い合わせ

製品一覧へ戻る ▶