株式会社ファインデックス FINDEX Inc.

製品一覧 >

DocuMakerストレスチェックシステム

2015年12月施行の改正労働安全衛生法に基づくストレスチェック制度に対応したシステムです。ストレスチェックの実施に必要な機能を搭載し、安全なWEB環境を利用して企業の従業員が入力した結果を医療機関へ集約し、結果レポート作成や集団分析を行うことができます。ストレスチェックに利用できるだけでなく、診断書や院内文書の作成にも活用できます。

健診を行う病院にこそ!
DocuMakerストレスチェックシステムをオススメする理由

Point1.健康診断と合わせて実施することで、大きな運用変更なしに対応が可能

定期健康診断時に同時にストレスチェックを実施することで、企業にとっては未受検を防止することができます。また、健診センター側でも健康診断と合わせて受検者情報の登録や結果送付を行うことで、これまでの健診の流れに沿って運用が行えます。

Point2.専用マークシート不要だからコストを押さえた紙運用が可能

PCやスマホでの受検以外に紙運用も併用できます。施設内のプリンターで印刷した紙に回答を記入しスキャナで読み取るだけで結果がデータ化され簡単に受検結果の確認や結果レポート作成が行えます。

Point3.病院全体で文書システムとして活用

生損保診断書や臨床調査個人票、小児慢性特定疾病医療意見書などの診断書フォーマットを標準提供しており、その他の公的文書や院内文書についても簡単な手順でフォーマットを作成し記載することができます。

健診センターでの運用

受験準備
  • 1.健診と合わせて契約企業から社員データ受け取り
  • 2.ストレスチェックシステムに取り込み
  • 3.健診と合わせて受検案内の送付
    (URLやID)
結果報告
  • 4.健診と合わせて受検案内の送付
    (URLやID)
面接
  • 5.医師と臨床心理士による判定
  • 6.健診と合わせて各受検者へ結果報告
    (レポート作成)
  • 7.産業医に各受検者の結果報告
  • 8.企業に全体分析結果の報告

健診と合わせてスムーズに実施!

WEBサーバを利用したスムーズな運用

院内ネットワークを利用した健診と同時受検運用

専用マークシート不要の紙運用

文書作成システムとして院内全体で活用

豊富な提供可能書式(約3,300帳票)

  • ・豊富な生損保診断書
  • ・臨床調査個人票
  • ・小児慢性特定疾病医療意見書 など 
    ※契約によります。

ワークフロー機能

  • 診断書などの記載の進捗を一元管理し、紙の搬送を行うことなく文書作成が行えます。

簡単に書類フォーマットを作成して
文書作成

  • 簡単な手順で文書フォーマットを作成することができ、現在利用している様々な院内文書を自院でシステム化できます。

▲ ページの先頭へ

詳細やデモンストレーション等については当社までお問い合わせください。

お問い合わせ

製品一覧へ戻る ▶