社員の一日

インフラ構築の一日

8:30  出社
朝、出社するとまずはメールのチェック。必要に応じて返信します。
その後、一日のタスクを確認します。
9:00  サーバセットアップ
ユーザーに納品するサーバー機器へ社内システムのセットアップを実施。
概ね、DBMSのインストール、社内アプリケーションのセットアップですが、場合によってはOSのインストールから実施することもあります。
11:00  システム仕様調整
ユーザーのご要望によっては、社外のシステムと情報連携する必要があります。
開発担当者、フィールドSE、システムコンサルタントとプログラムの外部仕様、他社との連携仕様、プログラムのカスタマイズをそれぞれ調整します。
14:00  構築調整(機器一覧、連携調整)
ユーザーへ納品するサーバーの機器明細を作成し、機器ベンダと調整を行います。また、他社システムとの連携仕様、パラメータについての確認を行います。
17:00  資料作成
ユーザーに納品したサーバーの情報を元に運用手順書等のドキュメントを作成します。
18:00  サーバー作業
社内からリモート環境を利用してユーザーのサーバーで作業を実施します。
20:00  帰宅
まっすぐ家へ。

インフラ構築の魅力は?

仮想化やシンクライアントなど、最新の技術に触れることができます。
サーバーの管理者としての責任はありますが、その分、関連部署から頼りにされた時、システムが無事に稼動できた時には、大変やりがいのある仕事です。
また、社内外問わず、数多くの方と接することができる職種でもありますので、自分のコミュニケーション能力を活かせると思います。

▲ ページの先頭へ