投資家情報

文字のサイズ

ファインデックスの事業

当社では、医療システム事業をメインに、HealthTech事業、オフィスシステム事業の3つの事業を展開しています。

医療システム事業

当社の主たる事業である医療システム事業においては、大学病院から診療所まで幅広い医療機関においてご利用いただけるシステムをワンストップで提供しています。大・中規模病院においては電子カルテのサブシステムとして、画像や文書などの診療情報を統合管理し効率的に閲覧することのできるシステムや放射線等の検査部門システム、眼科・耳鼻科・産科などの専門診療科カルテなどを提供しています。また、小規模病院・診療所においては、電子カルテを中心とした様々な患者データを統合管理するシステムを提供しています。

HealthTech事業

昨今様々な分野でデータ収集と活用が進められていますが、当社でも連結子会社EMC Healthcare株式会社と連携しながら、様々な医療・ヘルスケアデータの収集とAIなどによる分析に取り組んでいます。視野検査システムの開発においては、新しい検査手法を開発すると共に、これまで集めることのできなかった視野異常に関するデータを集積し、病気の早期発見や予防、創薬事業などに活用することを目指しています。また、在宅医療、遠隔医療におけるウェアラブルデバイスの活用にも取り組んでいます。

オフィスシステム事業

医療現場で作り上げてきたシステムの中で、医療以外の分野でもニーズのある文書システムやデータ連携・RPAツールを自治体や公的企業、医療機関の事務部門、一般企業に展開しています。これらの製品は医療機関の高度なニーズに対応できるだけの製品力を備えていることから、大幅なシステム改修を行うことなく他業種にも展開が可能です。また、医療分野で開発原価は回収済みなので、低コストに提供が可能です。各業界に精通したベンダーと組むことで、効率的かつ高利益の事業を展開していきます。

▲ ページの先頭へ