株式会社ファインデックス FINDEX Inc.

製品一覧 >

Data-Connector(データコネクター)  Screen Based EAIツール  2014年度グッドデザイン賞受賞

Screen Based EAIツール Data-Connectorは、これまでのEAIツールの様にデータベースや通信を介してデータを取得するのではなく、画面上から1クリックでデータを取得することで簡単かつリーズナブルにデータを取得し、利用することができる新発想のEAIツールです。

EAIツールとは

EAI:Enterprise Application Integration

企業内で使われている複数の異種コンピュータやシステム同士を連携させ、データやプロセスを統合する事で効率的な運用を可能にする技術やソフトウェアの総称

全てのシステムメーカー、ソリューションベンダーの利益率向上に貢献するEAIツールです。

新システム導入決定後の課題

導入の決まった現場で他社システムとKey情報連携しなくてはいけない。

プログラマ出動、連携プログラムの作成は不要です。現地の営業SEで即座に実施できます。

新旧システム並行運用時の課題

新規で導入の決まったクラウドソリューションと、旧来のオンプレミスのアプリケーションの情報を同期させて並行運用できるようにしなくてはいけない。

同期機能の設計に掛かる多くの時間や費用が不要。直観的なインターフェースでデータ同期のスクリプトをその場で完成させます。

データ移行本番時の課題

他社システムから乗り換えがほぼ決定したが、最終関門のデータの移行に掛かる時間と費用をどうクリアすれば良い のか・・・。

旧システム側にデータエクスポートやエンジニアの出動の依頼は不要。自社だけで他社システムのデータを安全に移行可能です。

圧倒的な操作性と安価な採用コストで、貴社のビジネス展開を支援します!

これまで、世界中の業務システムが避けては通れない「データを取り巻く問題」を解決するために、プログラマによるシステム改造やツール作成、また場合によっては紙に打ち出したデータを人力でキーパンチ入力するという作業が行われてきました。

Data-Connectorは、様々なアプリケーションの画面上から簡単な操作でデータ取得設定が完了するという基本機能※1に、BCR※2という世界中でFINDEXだけが持つ誤認識のない文字認識機能を併せることで実現した、新しいカテゴリのツール  Screen Based EAI  で、今まで不可能と思われていた「DBアクセスやソケット通信によらないデータ取得や入力」を可能にします。

この新しいEAIツールは、圧倒的な操作性と安価な採用コストで、単納期かつ利益率の高いビジネスを可能にします。当ツールを利用することでコンペティターとの差別化を図り、自社ビジネスを優位に展開することも可能です。

従来のEAIツールとの違い

FINDEXのEAIツール「Data-Connector」は、当社が持つ複数の独自特許技術を組み合わせることで、データベースや通信によるデータ取得ではなく、「画面」上からデータを取得し「画面」へ埋め込むことを実現しました。
どんなアプリケーションからもデータを取得し利用することができる当製品は、専門知識がなくても簡単なクリック操作だけでデータの利活用を可能にし、データベースを公開してもらえない為にシステム間連携ができないといった問題も解決へと導くことができます。

従来のEAIツールの問題点

ファインデックスのEAIツールなら…

従来のEAIツールの問題点を解決

特許第5469985号(特願2009-232319)

様々な企業で利用され始めています!

Data-Connectorは、貴社製品へバンドルさせたりOEM提供による販売も行っています。SONYやセールスフォース・ドットコムへも製品提供を行っており、既に利用は始まっています。また、従量課金制などでの販売も可能なので、様々な運用にも柔軟に対応いたします。

※ アプリケーションデータ取得/連携ツール P-Launcher、ID-Connectorは、データ移行ツール Data-Connectorの機能を拡張し、
   新発想のScreen Based EAIツール Data-Connectorとして製品を統合いたしました。

▲ ページの先頭へ

製品詳細や貴社製品へのバンドル、OEM提供に関するお問い合わせ、およびデモンストレーションのご依頼などについては当社までお問い合わせください。

お問い合わせ