学会・展示会情報

年別出展情報

出展予定案内

詳細は各学会・展示会名をクリックしてください。

2017年 11月
医療
【大阪】第37回 医療情報学連合大会(第18回日本医療情報学会学術大会)
医療
【長野】第76回 日本めまい平衡医学会総会・学術講演会
12月
医療
【東京】第56回 日本網膜硝子体学会総会
医療
【徳島】第13回 中四国放射線医療技術フォーラム
2018年 1月
医療
【京都】第41回 日本眼科手術学会学術総会

2017年

11月

公式サイト

【大阪】
第37回医療情報学連合大会(第18回日本医療情報学会学術大会)

期間

  • 11月21日(火)  9:00〜18:00
  • 11月22日(水)  9:00〜17:30
  • 11月23日(木)  9:00〜15:30

大会長

滋慶医療科学大学院大学 学長  武田 裕 先生

会場

グランキューブ大阪(大阪国際会議場)

ランチョンセミナー共催
日時:11月22日(水)  12:15〜13:15
会場:I会場(グランキューブ大阪 10F 1009)

テーマ「SS-MIX2ストレージの活用方法(どう利用する?如何に利用する?)」

演題1「愛仁会におけるSS-MIX2の利用方法と今後の期待」

田中 信吾 先生(社会医療法人 愛仁会本部 医療情報部 課長)

演題2「SS-MIX2ストレージデータを利用するインフラについて」

田中 勝弥 先生(東京大学医学部附属病院 企画情報運営部 講師)

司会:長谷川 裕明(株式会社ファインデックス)

診療現場で利活用される各種検査画像や文書の管理は、医療機関における課題の1つとなっております。 ファインデックスは、これらの診療情報を統合的に管理・参照することのできるシステムを、眼科・耳鼻科・産婦人科などの各診療科や放射線部門、生理検査部門、内視鏡部門、事務部門などの利用シーンに応じてご提供いたします。 また、院外の医療機関などから提供される検査画像や文書の授受を効率的に行う地域連携システムもご用意しております。 ぜひ、展示ブースに足をお運びいただき、弊社の「診療情報統合ソリューション」をご体感ください。
また、今回はランチョンセミナーも実施いたします。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

11月

公式サイト

【長野】
第76回 日本めまい平衡医学会総会・学術講演会

期間

  • 11月30日(木)  9:00〜17:00
  • 12月 1日 (金)  8:00〜16:00

会長

信州大学 医学部 耳鼻咽喉科学教室 教授  宇佐美 真一 先生

会場

軽井沢プリンスホテル・ウエスト

ランチョンセミナー共催
日時:11月30日(木)  11:50〜12:40
会場:第二会場(軽井沢プリンスホテル・ウエスト1階「桜」)

演題「診療所で行うめまい専門診療−VOGによる眼振記録と解析の実際−」

中村 正 先生(なかむら耳鼻咽喉科クリニック 院長)

司会:堀井 新 先生(新潟大学 大学院 医歯学総合研究科 耳鼻咽喉科・頭頸部外科学分野 教授)

耳鼻科対応電子カルテ【REMORA4
運用に沿った院内患者導線管理に加え、検査・オーダー・画像・カルテ記事の高い閲覧性と、美しく自由な画面構成が特長です。多くの病院様でご利用いただいている診療記事記載システム「C-Note」の手書き表現機能と、画像ファイリング機能「Claio」も内蔵しました。
ビデオ眼振検査支援システム【C-Nys
眼振検査における頭位順の動画取り込み、検査後の波形表示・眼振方向・強度の矢印表示を用いた患者様へのインフォームのサポートなど、各所でご評価をいただいているビデオ眼振検査支援システム「C-Nys」を展示いたします。
ぜひこの機会に実際の操作感をお試しください。

12月

公式サイト

【東京】
第56回日本網膜硝子体学会総会

期間

  • 12月1日(金)  9:00〜18:20
  • 12月2日(土)  8:30〜18:00
  • 12月3日(日)  8:30〜12:00

学会長

千葉大学 大学院 医学研究院 眼科学  山本 修一 先生

会場

東京国際フォーラム

画像ファイリングシステム【Claio
まもなく全国導入数1,000施設に到達する画像ファイリングシステム「Claio」。病院の眼科部門においては、診療記事記載システム「C-Note」との組み合わせにより、デファクトスタンダードの地位を確立しました。なぜファインデックスが選ばれるのか。会場にてご案内いたします。
眼科クリニック向け電子カルテ【REMORA
全国約600施設のクリニック様にお使いいただいている電子カルテ「REMORA」。「Claio」と組み合わせてREMORA上で画像データ、数値データを表現することで、より高く、かつ自由な閲覧性を実現しました。手術を行うクリニック様では、生保協会認定ソフトでもある文書作成システム「DocuMaker」や手術予定管理システムなどのソリューションを導入いただくことで、さらに診療の質を高めることができます。施設の運用に合わせて、柔軟にご提案をさせていただきます。

12月

公式サイト

【徳島】
第13回 中四国放射線医療技術フォーラム

期間

  • 12月2日(土)  未定
  • 12月3日(日)  未定

大会長

第58回 日本放射線技術学会 中国・四国支部学術大会   川田 直伸 先生
第25回 日本診療放射線技師会 中四国診療放射線技師学術大会   藤原 良介 先生

会場

あわぎんホール(徳島県郷土文化会館)

放射線ソリューションを中心に展示いたします。
放射線レポートシステム『ProRad RSでは、一般的な放射線レポート以外にも、マンモ・循環器・内視鏡などのレポートを自由度の高い専用テンプレートを用いて記載します。依頼医へのレポート見落としを防ぐための通知および既読管理もポイントです。
放射線部門システム『ProRad RISは、デザインを見直すことにより視認性に優れたシステムに生まれ変わりました。受付から患者導線、検査実施まで効率性にこだわった画面にて構成されています。
検像システム『ProRad QA』は、これまでゲートウェイやPDIなどで培ったDICOMタグの編集技術と検像サーバ構成により、場所を選ばない可用性の高いシステムを構築しました。
この他のファインデックスシステムとの組み合わせにより放射線部門はもちろんのこと、病院全体をトータルでサポートするソリューションをご提案いたします。
ブースへのご来場を心よりお待ち申し上げます。

2018年

1月

公式サイト

【京都】
第41回 日本眼科手術学会学術総会

期間

  • 1月26日(金)  9:00〜16:30
  • 1月27日(土)  9:00〜16:50
  • 1月28日(日)  9:00〜12:10

会長

はんがい眼科  板谷 正紀 先生

会場

国立京都国際会館  イベントホール

画像ファイリングシステム【Claio
まもなく全国導入数1,000施設に到達する画像ファイリングシステム「Claio」。
診療記事記載システム「C-Note」との組み合わせにより、デファクトスタンダードの地位を確立しました。なぜファインデックスが選ばれるのか。会場にてご案内いたします。 眼科クリニック向け電子カルテ【REMORA
全国約600施設のクリニック様にお使いいただいている電子カルテ「REMORA」。「Claio」と組み合わせてREMORA上で画像データ、数値データを表現することで、より高く、かつ自由な記載・閲覧性を実現しました。
手術予定管理システム
視認性・操作性を追求した当システムでは、患者様の手術予定を豊富な表示形式で閲覧することができるだけでなく、施設の運用に合わせた細かなデータ管理も行えます。ぜひ、洗練された操作性を会場にてご体感ください。

▲ ページの先頭へ