学会・展示会情報

年別出展情報

出展予定案内

2017年詳細は各学会・展示会名をクリックしてください。

9月
医療
【札幌】第43回 日本診療情報管理学会学術大会
医療
【広島】第28回 日本緑内障学会
医療
【栃木】第21回 日本遠隔医療学会
10月
医療
【京都】第68回 日本皮膚科学会中部支部学術大会
医療
【福岡】第94回 日本消化器内視鏡学会総会
医療
【東京】第71回 日本臨床眼科学会
医療
【広島】第45回 日本放射線技術学会秋季学術大会
11月
医療
【東京】訪問看護サミット2017
医療
【大阪】第37回医療情報学連合大会(第18回日本医療情報学会学術大会)
医療
【長野】第76回日本めまい平衡医学会総会・学術講演会
9月

公式サイト

【札幌】
第43回 日本診療情報管理学会学術大会

期間

  • 9月21日(木)  時間未定
  • 9月22日(金)  時間未定

会長

社会医療法人 医仁会 中村記念病院 理事長・院長   
中村 博彦 先生

会場

札幌コンベンションセンター

医療情報の電子化が進む中で、診療記録を管理するだけでなく、データの活用という側面にも注目が集まっています。ファインデックスは、診療記録チェックシステムや紹介情報管理システムをはじめとする様々な文書管理ソリューションで、院内全体のICTに貢献いたします。また、基幹システムと密に連携することによって、診断書や退院時要約を作成する際に、現場の効率的なデータ入力を実現しながら、その診療記録を管理する部門で適切な業務体制を実現する仕掛けを豊富に取り揃えていますので、ぜひブースにお越しください。地域包括ケアシステムが益々進展する中で、院内の大切な資産である診療記録のさらなる活用を可能とするソリューションをご用意してお待ちしています。

9月

公式サイト

【広島】
第28回 日本緑内障学会

期間

  • 9月29日(金)  08:30〜18:00
  • 9月30日(土)  08:30〜18:00
  • 10月1日(日)  08:30〜12:00

会長

広島大学大学院 医歯薬保健学研究科 視覚病態学教室 教授  
木内 良明 先生

会場

リーガロイヤルホテル広島/NTTクレドホール

病院向け眼科システムとして、デファクトスタンダードとなったファイリングシステム「Claio」と部門カルテシステム「C-Note」。今回は、視野検査をサポートするツール「C-Peri(視野統合ビューア)」を機能拡張して展示いたします。ハンフリーやオクトパスだけでなく、最新のヘッドマウント式視野計にも対応しています。また、視野を上半視野・下半視野など部位毎に分けて推移を確認する「クラスター表示」機能を追加しています。
クリニック向けには、病院仕様である「C-Note」の記載機能エンジンを搭載した電子カルテ「REMORA4」を展示いたします。ファイリングシステムとの連携がよりシームレスになり、システム間の境界を意識することなくご利用いただけます。新たに紹介状の管理機能も追加され、より一層機能が充実しております。
日々進化を続ける「REMORA」をぜひブースにてご覧ください。

9月

公式サイト

【栃木】
第21回 日本遠隔医療学会

期間

  • 9月30日(土)  09:00〜17:00予定
  • 10月1日(日)  09:00〜14:00予定

大会長

獨協医科大学 情報教育部門 教授  
坂田 信裕 先生

会場

栃木県総合文化センター 3階

ランチョンセミナー共催
詳細は近日公開予定です。

遠隔医療においては、患者本人との対話で得られる情報に加えて日々の状態を把握する為の客観的データが重要になります。ファインデックスでは、以下のソリューション・IoTを用いて患者データを集積し活用していくことで、より効率的で質の高い遠隔医療の実現を支援いたします。
在宅アセスメントシステム
ファインデックスの「在宅アセスメントシステム」は、定期的なアセスメントと客観的データに基づく計画立案、評価によって訪問看護の質の向上と均てん化を支援するソリューションです。当システムを利用して、医療の知識を持ち頻繁に患者宅を訪問する訪問看護のデータを集積することで、患者の状態を客観的に判断し的確な指示を出す為の判断材料として役立てることができます。また、これらのデータにAIを組み合わせることで異常の早期発見や重症化の予測を行うことも可能になります。当システムはクラウド環境を利用してデータを管理する為、遠隔医療における情報収集や共有を強力に支援します。
ウェアラブルデバイスCALM.
CALM.は、身体に装着することでリアルタイムに生体モニタリングを行い、患者の体動や睡眠状態などをリアルタイムに把握することができる製品です。独自のAIアルゴリズムを用いて睡眠分析や異常検知なども行える為、日々の状態把握に役立てることができます。
※CALM.は、連結子会社 イーグルマトリックス・コンサルティング株式会社 の製品です。
ファインデックスの遠隔医療ソリューションをこの機会にぜひご覧ください。

10月

公式サイト

【京都】
第68回 日本皮膚科学会中部支部学術大会

期間

  • 10月7日(土)  09:00〜18:00(予定)
  • 10月8日(日)  09:00〜15:00(予定)

会長

滋賀医科大学 皮膚科学講座 教授  
田中  俊宏 先生

会場

国立京都国際会館 1階

ファインデックスの デジカメソリューション は、院内に散在しがちなデジカメ画像を効率的に管理できます。
・Claio-Cam:無線LANとFlashAirを用いたデジカメ画像取り込み
・ID-Cam    :無線LANとAndroid端末を用いたデジカメ画像取り込み
また、診療情報統合ソリューションは、院内に散在する画像や文書の統合管理を始め、眼科・耳鼻科・産婦人科等の専門診療科向け機能や放射線部門・内視鏡部門の運用支援、紹介情報の管理など、幅広いラインナップで診療をサポートいたします。
この機会にぜひご体験ください。
※FlashAirは株式会社東芝の登録商標です。

10月

公式サイト

【福岡】
第94回 日本消化器内視鏡学会総会

期間

  • 10月12日(木)  未定
  • 10月13日(金)  未定
  • 10月14日(土)  未定

会長

金沢医科大学 消化器内視鏡学  
伊藤 透 先生

会場

マリンメッセ福岡 1階

オーダー受信から画像・レポート管理、洗浄管理まで、内視鏡部門で必要とされる一連の業務について管理可能なパッケージシステムを展示いたします。
院内全ての電子カルテ端末から操作・閲覧可能※1で、画像管理では、メーカーフリーなハイビジョン取り込みはもちろん、動画取り込みや既存でPACS保存されている画像の取り込みも行えます。
レポート管理では、現在注目度が高まっている JED-Projet ※2に対応したレポートテンプレートをご用意しております。
世の中に必要とされるシステムとなるべく、日々成長し続ける内視鏡システムをご覧ください。ブースへのご来場を心よりお待ち申し上げます。
※1  院内への画像・レポートを配信するライセンスが含まれます。 ※2  Japan Endoscopy Database Project:日本消化器内視鏡学会の事業として発足した多施設内視鏡データベースの構築プロジェクト

10月

公式サイト

【東京】
第71回 日本臨床眼科学会

期間

  • 10月12日(木)  09:00〜17:50
  • 10月13日(金)  08:30〜17:30
  • 10月14日(土)  08:30〜17:50

大会長

秋田大学 大学院 医学系研究科 医学専攻病態制御医学系眼科学講座 教授
吉冨 健志 先生

会場

東京国際フォーラム

現在、多くの大学病院・中小規模病院でご利用していただいている画像ファイリングシステム「Claio」、診療記事記載システム「C-Note」、文書作成システム「DocuMaker」の各システムを機能搭載し、クリニック向けにご提供している電子カルテ「REMORA4」。
今回、新たに待ち表示板機能や紹介状管理機能を開発し、更なる院内運用の質的向上を目指します。加えて手術予定管理システム、コンタクト在庫管理システムなど施設に応じた機能もご用意しながら、医療機関様のニーズに応じたご提案をさせていただきます。
常に進化するファインデックスソリューションをこの機会にぜひご体験ください。

10月

公式サイト

【広島】
第45回 日本放射線技術学会秋季学術大会

期間

  • 10月19日(木)  未定
  • 10月20日(金)  未定
  • 10月21日(土)  未定

大会長

京都大学医学部附属病院 放射線部  
上田 克彦 先生

会場

広島国際会議場

ファインデックス放射線関連システムは、2017年新たなシステムの導入を開始しました。
放射線部門システムは、@Simple、A目線誘導、B必要情報の集約、Cフラットデザイン、Dインシデント防止 をコンセプトに更なる画面閲覧性および操作性の向上を図り、『ProRad RIS Ver.4.0』としてリリースいたしました。
放射線レポートシステム『ProRad RS』は、放射線読影レポートをベースに、マンモレポートや循環器レポート機能の充実を図り、導入施設を増やし続けています。
また、多くのご施設からのご要望にお応えする形で検像システム『ProRad QA』もラインナップに加えさせていただきました。
その他、画像ファイリングシステム紹介情報管理システム、DICOM画像閲覧システム等様々な院内ニーズにお応えできるソリューションの展示をさせていただきます。ブースへのご来場を心よりお待ち申し上げます。

11月

公式サイト

【東京】
訪問看護サミット2017

期間

  • 11月11日(土)  11:30〜17:00
  • 11月12日(日)    9:00〜14:00

主催

日本訪問看護財団

会場

ベルサール新宿グランドホール  1Fホール

日本訪問看護財団および愛媛県訪問看護連絡協議会と共同開発した「在宅アセスメントシステム」を展示いたします。
在宅アセスメントシステム」は、アセスメントから訪問看護計画の作成までをスムーズに行うことのできるシステムです。アセスメント方式として日本訪問看護財団の「財団方式」を採用しており、実施者の経験を問うことなく客観的に患者の容体や介護状況を把握することができます。 また、紙ベースのアセスメントでは多くの手間を要していた課題抽出とアセスメントを根拠とした訪問看護計画書の作成をシステムがサポートすることで、訪問看護計画や提供されるケアの質の向上および均てん化を実現します。
さらには、定期的にアセスメントや計画立案を繰り返すことで蓄積されるデータをAI(人工知能)を用いて分析することで、適切な計画によって患者の容体が安定しているかを評価し、異常の早期発見や重症化の予測、予防などへとつなげていくことも可能になります。 ぜひこの機会に、事業所全体のさらなるサービスの質の向上を支援する在宅アセスメントシステムをご覧ください。

11月

公式サイト

【大阪】
第37回医療情報学連合大会(第18回日本医療情報学会学術大会)

期間

  • 11月21日(火)  9:00〜18:00
  • 11月22日(水)  9:00〜17:30
  • 11月23日(木)  9:00〜15:30

大会長

滋慶医療科学大学院大学 学長  武田 裕 先生

会場

グランキューブ大阪(大阪国際会議場)

ランチョンセミナー共催
詳細は近日公開予定です。

診療現場で利活用される各種検査画像や文書の管理は、医療機関における課題の1つとなっております。
ファインデックスは、これらの診療情報を統合的に管理・参照することのできるシステムを、眼科・耳鼻科・産婦人科などの各診療科や放射線部門、生理検査部門、内視鏡部門、事務部門などの利用シーンに応じてご提供いたします。 また、院外の医療機関などから提供される検査画像や文書の授受を効率的に行う地域連携システムもご用意しております。 ぜひ、展示ブースに足をお運びいただき、弊社の「診療情報統合ソリューション」をご体感ください。
また、今回はランチョンセミナーも実施いたします。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

11月

公式サイト

【長野】
第76回 日本めまい平衡医学会総会・学術講演会

期間

  • 11月30日(木)  9:00〜17:00
  • 12月 1日 (金)  8:00〜16:00

会長

信州大学 医学部 耳鼻咽喉科学教室 教授  宇佐美 真一 先生

会場

軽井沢プリンスホテル・ウエスト

ランチョンセミナー共催
詳細は近日公開予定です。

耳鼻科対応電子カルテ【REMORA4
運用に沿った院内患者導線管理に加え、検査・オーダー・画像・カルテ記事の高い閲覧性と、美しく自由な画面構成が特徴です。多くの病院様でご利用いただいている診療記事記載システム「C-Note」の手書き表現機能と、画像ファイリング機能「Claio」も内蔵しました。
ビデオ眼振検査支援システム【C-Nys
眼振検査における頭位順の動画取り込み、検査後の波形表示・眼振方向・強度の矢印表示を用いた患者様へのインフォームのサポートなど、各所でご評価をいただいているビデオ眼振検査支援システム「C-Nys」を展示いたします。
ぜひこの機会に実際の操作感をお試しください。

▲ ページの先頭へ