学会・展示会情報

年別出展情報

出展予定案内

2017年詳細は各学会・展示会名をクリックしてください。

7月
医療
【横浜】第53回 日本周産期・新生児医学会学術集会
オフィス
【東京】第5回 HR EXPO 人事労務・教育・採用 支援展
8月
医療
【香川】第40回 日本母体胎児医学会学術集会
9月
医療
【札幌】第43回 日本診療情報管理学会学術大会
医療
【広島】第28回 日本緑内障学会
7月

公式サイト

【横浜】
第53回 日本周産期・新生児医学会学術集会

期間

  • 7月16日(日)  09:00〜17:30
  • 7月17日(月)  09:00〜17:30
  • 7月18日(火)  09:00〜16:00

会長

昭和大学 医学部 小児科学講座 主任教授   
板橋 家頭夫 先生

会場

パシフィコ横浜 会議センター

周産期中の記録および統計機能を備えた「MapleNote」を中心に、産婦人科の診療情報管理を強力サポートするシステムを展示いたします。
超音波画像ファイリングシステム、ハイリスク妊婦・婦人科カルテ記載システムも一緒にご紹介しております。
大規模病院から診療所まで、各施設に最適な運用実現をお手伝いできる機能をご提案いたしますので、この機会にぜひご体験ください。

7月

公式サイト

【東京】
第5回 HR EXPO 人事労務・教育・採用 支援展

期間

  • 7月26日(水)  10:00〜18:00
  • 7月27日(木)  10:00〜18:00
  • 7月28日(金)  10:00〜18:00

主催

リード エグジビション ジャパン株式会社

会場

東京ビッグサイト

一般企業から官庁、自治体、学校の総務人事部門に対して、医療分野で長年培ってきたノウハウ・技術を活かした各種文書管理ソリューションを展示いたします。
DocuMakerOffice」では、受発注管理や契約書管理など、人事・総務部門に特化した活用のほか、利用者のアイデア次第で無限に拡がる可能性をご紹介いたします。
また、「DocuMakerOffice自治体パッケージ」では、自治体の文書管理運用に特化したワークフローや、文書ビューワを利用した検索・閲覧性能の高さをご紹介いたします。

8月

公式サイト

【香川】
第40回 日本母体胎児医学会学術集会

期間

  • 8月25日(金)  時間未定
  • 8月26日(土)  時間未定

会長

香川大学 医学部 周産期学婦人科学 教授   
秦 利之 先生

会場

サンポートホール高松・かがわ国際会議場

MapleNote製品画面 ファインデックスが得意とする「画像」「文書」ソリューションを中心に、周産期の診療現場で必要となる記録のスムーズな管理が実現できます。
エコー装置は、DICOM接続による計測値を含めたファイリングはもちろん、アナログ画像にも対応しております。検査画像を取りこぼしなく電子化し、院内端末を使ってスピーディーに共有することが可能です。
妊婦健診から1ヵ月後健診まで、産科診療および業務に合わせた各種テンプレートの標準提供の他に、各医療機関の特徴に合わせた文書追加が可能です。
また、各社の基幹カルテとのシームレスなデータ連携を実現できる点も大きな魅力となっております。
この機会に是非ブースにお立ち寄り頂き、現在お困りになっていることをお聞かせください。
各医療機関にとって、最適な運用のご提案をさせて頂きます。

9月

公式サイト

【札幌】
第43回 日本診療情報管理学会学術大会

期間

  • 9月21日(木)  時間未定
  • 9月22日(金)  時間未定

会長

社会医療法人 医仁会 中村記念病院 理事長・院長   
中村 博彦 先生

会場

札幌コンベンションセンター

医療情報の電子化が進む中で、診療記録を管理するだけでなく、データの活用という側面にも注目が集まっています。ファインデックスは、診療記録チェックシステムや紹介情報管理システムをはじめとする様々な文書管理ソリューションで、院内全体のICTに貢献いたします。また、基幹システムと密連携することによって、診断書や退院時要約を作成する際に、現場の効率的なデータ入力を実現しながら、その診療記録を管理する部門で適切な業務体制を実現する仕掛けを豊富に取り揃えていますので、ぜひブースにお越しください。地域包括ケアシステムが益々進展する中で、院内の大切な資産である診療記録のさらなる活用を可能とするソリューションをご用意してお待ちしています。

9月

公式サイト

【広島】
第28回 日本緑内障学会

期間

  • 9月29日(金)  時間未定
  • 9月30日(土)  時間未定
  • 10月1日(日)  時間未定

会長

広島大学大学院 医歯薬保健学研究科 視覚病態学教室 教授  
木内 良明 先生

会場

リーガロイヤルホテル広島/NTTクレドホール

病院向け眼科システムとして、デファクトスタンダードとなったファイリングシステム「Claio」と部門カルテシステム「C-Note」。今回は、視野検査をサポートするツール「C-Peri(視野統合ビューア)」を機能拡張して展示いたします。ハンフリーやオクトパスだけでなく、最新のヘッドマウント式視野計にも対応しています。また、視野を上半視野・下半視野など部位毎に分けて推移を確認する「クラスター表示」機能を追加しています。
クリニック向けには、病院仕様である「C-Note」の記載機能エンジンを搭載した電子カルテ「REMORA4」を展示いたします。ファイリングシステムとの連携がよりシームレスになり、システム間の境界を意識することなくお使い頂けるようになっております。新たに紹介状の管理機能も追加となり、進化を続ける「REMORA」を是非ブースにてご覧ください。

▲ ページの先頭へ