パンフレットダウンロード >

製品
一覧 >

ProRadRIS(プロラドRIS)  放射線部門システム

製品画面イメージ

放射線部門システム ProRad RISは、予約オーダの管理から、受付、撮影装置との連携、実施情報の送信、PACS/レポートシステムへのオーダ連携、電子カルテからの会計通知、PACS画像到着通知、レポート確定通知に至るまでの進捗を管理するだけでなく、電子カルテとのシームレスな連携により検査に必要な情報を集約し、複数のシステムを介さずRIS1つで検査を実施できることで、放射線部門における業務の効率化を実現します。

ProRad RISの特長

Point1.予約から受付、実施までの検査業務をフルサポート

予約情報を一覧表示し、受付から実施までをトータルで管理します。検査時には、患者情報や検査情報を装置と連携することで患者情報の入力間違いを防止する他、撮影室内に検査情報を表示することで患者の取り違えを防止。実施情報は自動的に電子カルテへ連携します。

Point2.必要な情報を集約することで業務を効率化

血液検査や禁忌、アレルギーなどの検査結果や他科の診察予約など、通常の放射線インターフェースでは送信されない電子カルテの情報をRIS上で統合参照できることにより、電子カルテを開く回数を大幅に削減して検査の効率化とリスク軽減を実現します。

Point3.技師や撮影室のスケジュールを効率的に管理

グループウェア機能を利用して、技師の休暇・当直の管理や撮影室単位での担当者配置を行うことができます。撮影室の点検日程など使用状況の管理もスムーズに行えます。

Point4.データを統計、帳票出力に活用

データを自由に抽出し、日々の業務統計や帳票、照射録を出力することができます。機器の点検記録管理や専用被ばく線量管理システムとの連携も行うことができるので、より詳細な線量情報を管理することができます。

運用フロー例

電子カルテと密に連携することにより、検査の依頼から検査実施、結果送信までの進捗を管理し、スムーズな部門内の運用をサポートします。また、業務データを管理し、統計などに活用することもできます。

  1. 検査オーダ

    電子カルテで入力された検査オーダを受信します。検査目的やコメント、禁忌感染情報、入院退院情報などについても受信し、検査や患者情報を管理します。

  2. 受付処理

    バーコードによる受付を行い、患者・検査情報の確認を行います。受付時には受付票を出力することができ、検査の運用を支援します。

  3. 検査実施

    患者情報を大きく表示することで、禁忌感染情報や同意書の有無など、重要な情報を即座に確認できます。C-Scan連携により同意書をダイレクトに確認できる他、検査機器とMWM連携を行い、検査情報を連携します。 ProRad RSと撮影指示情報を連携することで、検査前にRIS画面で指示内容を確認することもできます。

  4. 実施情報入力・送信

    「実施情報入力・送信」画面

    電子カルテから受信した依頼内容を確認し、実施情報を入力します。検査内容に応じて物品、フィルム、加算情報が初期表示されるので、必要な項目のみ入力し、電子カルテ、PACS、レポートシステムへ送信します。バーコード利用やマスタ登録により、使用物品をスピーディーに入力することができます。

  5. 読影・レポート作成

    検査後、レポートシステムを利用してレポートを作成します。作成したレポートは電子カルテやRIS画面で参照することができます。

電子カルテ・外部システムとの連携

検査オーダ、患者情報、患者移動情報を受信し、受付、実施情報を送信します。オーダ時に入力される検査目的やコメント、禁忌感染情報、入院退院情報などについても受信し、検査や患者情報を管理します。また、PACSやレポートシステムに検査情報の送信や、起動連携も行うことができます。

HIS連携

検査オーダ、患者情報、患者移動情報を受信。検査目的やコメント、禁忌感染情報、入院退院情報などを分かりやすく表示します。受付、実施情報を電子カルテに送信し、会計通知を検査一覧で表示します。

ProRad RS連携:放射線レポート記載・管理

RISから検査情報を送信し、検査毎の運用に合わせてレポート枠を作成します。レポートシステムで入力した撮影指示や、読影完了時の通知はRISで確認することができます。

DocuMaker・C-Scan連携:同意書記載・管理

RISで同意書の有無を確認することができます。文書記載システムDocuMakerを起動して同意書を記載。記載した同意書は、RISシステムから紙・デジタル文書管理システムC-Scanを起動して参照することができます。

その他機能

※ 意図した使用目的に診断用途は含まれておりませんので、医療機器プログラムではありません。

▲ ページの先頭へ

詳細やデモンストレーションなどについては
当社までお問い合わせください。

お問い合わせ