パンフレットダウンロード >

製品
一覧 >

Claio(クライオ)眼科パッケージ  画像ファイリングシステム

製品画面イメージ

画像ファイリングシステム Claio 眼科パッケージは、Claioの画像ファイリング機能に、眼科特有の検査データを効率的に管理することができる専用インターフェイスを搭載した統合パッケージです。数値系データの取り込みや入力がスムーズに行える他、検査データを検査台紙イメージや時系列で参照することができます。

眼科でのシステム運用

眼科に特化したオプションとして、受付管理・受付票出力機能、検査ビューア機能、視野解析支援機能、各種HIS連携機能をご使用いただくことにより、さらに大きく診療効率を上げるシステムとして幅広くご利用いただけます。

検査データの参照と活用

各検査の検査データは、各検査機器からClaioへ直接取り込みして自動登録されます。自覚検査の数値も診察室で参照可能です。手術動画も取り込んで管理可能です。眼科での多数の検査データを一元管理でき、インフォームドコンセントに役立てることができます。電子カルテとも連携することで、フレキシブルなカルテ記載を可能にしました。

眼科で使用する主なプログラム

C-Peri(シーペリ)

必要な時に必要な情報を
Claioともシームレスに連携

HFAⅡと接続し、印刷イメージをClaioに取り込むと共に検査結果を総合的にデータファイリングします。

基本機能

  • ●MD値、PSD値、眼圧値のグラフ表示機能
  • ●2つの検査結果の比較表示
  • ●時系列一覧表示・時系列マップ表示
  • ●AGIS/CIGTSスコア管理

運用イメージ

  1. HFA

  2. システム導入前と同様の操作で、データ取り込みが完了。
    同時に印刷イメージがClaioにファイリングされます。

  3. Claioネットワーク

  4. Claioから、OCTや眼底画像、その他の検査データと併せて参照することが可能です。

  5. 診療に必要なデータを統合管理

    Claioと組み合わせることで、視野検査のデータと眼底写真やOCTなどの画像とを併せて参照することが可能です。他の検査結果との比較・検証の他に、インフォームドコンセントの場面でも外来診察をサポートします。

※ 当製品は診療記録の為のデータ保存を使用目的としているため、医療機器プログラムではありません。

▲ ページの先頭へ

詳細やデモンストレーションなどについては
当社までお問い合わせください。

お問い合わせ