株式会社ファインデックス FINDEX Inc.

投資家情報

文字のサイズ

ディスクロージャーポリシー

基本方針

株式会社ファインデックス(以下「当社」といいます。)は、株主・投資家の皆様をはじめとしたすべてのステークホルダーに対し、有用な情報を正確・公平かつ適時適切に提供し、当社についての理解を深めていただくことで、信頼性の高い企業を目指すことを基本方針としております。

情報開示の基準

当社では、東京証券取引所の定める適時開示規則に従い、投資判断に影響を及ぼす決定事実、発生事実及び決算に関する情報等がある場合は、適時開示を行います。また、大阪証券取引所から照会があった場合には、既に開示した重要な会社情報の内容について重大な変更、中止等が行われた場合も適時開示を行うこととしております。

情報開示の方法

適時開示規則に該当する情報の開示は、同規則に従い「適時開示情報伝達システム」(TDnet)にて公開します。また、公開した情報は、情報開示の適時性・公平性の観点から、可能な限り迅速に、本サイトに掲載することとしております。

沈黙期間について

情報開示の公平性を確保し、決算発表資料準備期間中に株価に影響のある情報の漏洩を防ぐため、各四半期決算日の翌日から当該四半期決算発表日前までを沈黙期間とし、この期間については決算・業績見通しに関するコメントやお問い合わせに対する回答を控えております。ただし、当期間中に発生した事象が適時開示に該当する場合には、適宜情報開示を行うこととしております。

その他

本サイト上での当社の情報の検索にあたりましては、ディスクロージャーポリシーのみでなく、別途掲載しております免責事項も合わせてご覧ください。