学会・展示会情報

年別出展情報

2021年

9月

公式サイト

【京都】
第32回日本緑内障学会

期間

  • 9月10日(金)  9:00~17:15
  • 9月11日(土)  9:00~17:10
  • 9月12日(日)  9:00~12:00

会長

相原 一 先生
(東京大学大学院医学系研究科 外科学専攻 感覚・運動機能医学講座・眼科学)

会場

国立京都国際会館

視線分析型の新しい視野計「GAP/GAP-screener」の展示を行います。
固視が不要で暗室も必要ないヘッドマウント型の今までに無い検査機器です。
是非会場にて体感下さい。 また、クリニック・小規模病院向けの電子カルテ「REMORA」を中心に眼科ファイリングシステムとして多くの医療機関様で導入されております「Claio」をご紹介いたします。 予約から文書作成、管理に至るまでの一貫したデータ活用を実現するソリューションをご提案いたします。

6月

公式サイト

【東京】
第36回JSCRS学術総会

期間

  • 6月25日(金)  時間未定
  • 6月26日(土)  時間未定
  • 6月27日(日)  時間未定

会長

市川 一夫 先生(医療法人いさな会中京眼科 視覚医研究所 所長)

会場

東京国際フォーラム

【眼科システム】
多様な医療機関でご利用いただいている眼科ソリューションを展示します。運用に応じてご利用いただける豊富な機能に加え、画面の見やすさ、使いやすさが特長です。
ぜひ、この機会にブースへお越しいただき、操作性をご体感ください。 【視線分析型視野計「GAP」】
検査を行う側・受ける側、双方の負担軽減を実現するヘッドマウントディスプレイ型の視野計です。“ボタン操作を必要としない” “暗室で検査する必要がない” 新たな検査方法で、診療の効率化に貢献します。軽量化、測定精度の向上を実現した最新モデルを展示いたしますので、ぜひご体験ください。

6月

公式サイト

【北海道】
第83回耳鼻咽喉科臨床学会総会·学術講演会

期間

  • 6月26日(土)  時間未定
  • 6月27日(日)  時間未定

会長

本間 明宏 先生(北海道大学大学院 医学研究院 耳鼻咽喉科·頭頸部外科学教室 教授)

会場

ロイトン札幌

使いやすさを求めてデザインされた電子カルテシステム「REMORA」を展示します。
検査画像やデータの一元管理が可能な「Claio」との組み合わせを中心に、スムーズな診療をサポートします。また、眼振解析支援システム「C-Nys」では、眼振検査動画の取り込み後に波形や眼振方向・強度の矢印を表示する機能を備えています。 クリニックから大学病院まで多様かつ豊富な導入実績を元に、ご要望に沿った最適なソリューションをご提案をいたしますので、ぜひブースへお越しください。

5月

公式サイト

【京都】
第122回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会

期間

  • 5月13日(木)  9:00~18:00
  • 5月14日(金)  8:00~17:30
  • 5月15日(土)  8:00~15:00

会長

大森 孝一 先生(京都大学大学院 医学研究科 耳鼻咽喉科・頭頸部外科学 教授)

会場

国立京都国際会館 イベントホール

耳鼻科対応電子カルテ【REMORA】を中心に、画像、数値を管理するトータルパッケージをご提案いたします。
めまいに特化した【ビデオ眼振検査支援システム C-Nys】では、眼振検査における頭位順の動画取り込み、検査後の波形表示・眼振方向・強度の矢印表示を用いた患者様へのインフォームをサポートいたします。
病院からクリニックまで、多くの診療に貢献する弊社システムをぜひご体験ください。

4月

公式サイト

【新潟】
第73回日本産科婦人科学会学術講演会

期間

  • 4月23日(金)  8:00~19:00
  • 4月24日(土)  8:00~18:30
  • 4月25日(日)  8:00~15:15

学術集会長

榎本 隆之 先生(新潟大学大学院 医歯学総合研究科 産科婦人科学 主任教授)

会場

朱鷺メッセ 1F 展示ホール

大学病院をはじめとした多くの施設でご利用いただいております産婦人科ソリューションを展示します。 この機会に当社ブースにお立ち寄りいただき、ぜひご体験ください。 産婦人科統合ソリューションREMORA」 「Claio」 「MapleNote」 「DocuMaker」】
カルテ・画像・文書・周産期における母子の診療記録までを一元管理しスムーズな診療をサポートします。 また、電子化する上で課題となる紙文書についても、当社統合ソリューションにて容易に電子化が可能です。 施設様のご運用にあわせてご提案させていただきます。
周産期システムMapleNote」】
妊婦健診経過の時系列参照機能やパルトグラム機能、助産録や分娩記録、出生証明書といった文書記載機能など周産期システムに必要な機能を搭載していることはもちろん、医療機関の運用に合わせて運用フローに沿った画面を自由度高く構成できるのが特長です。 また、日産婦統計・任意統計をデータ出力可能であり、二次利用も簡単に行うことができます。 画像ファイリングシステムClaio」】
エコーやコルポスコピーなどの検査機器画像やデータを効率よく管理することができます。 また、DICOM対応しているエコー機器であれば胎児計測値を取得可能であり、周産期システムでの記録記載にもご活用いただけます。

4月

公式サイト

【神奈川】
2021国際医用画像総合展(ITEM2021)

期間

  • 4月16日(金)  10:00~17:00
  • 4月17日(土)  9:30~17:00
  • 4月18日(日)  9:30~15:00

主催

一般社団法人日本ラジオロジー協会(JRC)

会場

パシフィコ横浜 展示ホール

2021国際医用画像総合展でのブーステーマは「クラウド」です。
現在多くの医療機関がオンプレミスのサーバで運用していますが、環境面の整備が進みクラウドの利用が検討されるようになりました。 「クラウド」を導入するには、「セキュリティ」「費用」「利便性」など様々な点を考慮する必要があります。 これらの問題に対して、ファインデックス製品とクラウドを組み合わせた新たなサービスをご提案いたします。 また、オンプレミス製品として放射線部門での業務フローに適したソリューションならびに院内共通でご利用いただけるシステムも多数出展いたします。

4月

公式サイト

【大阪】
第125回日本眼科学会総会

期間

  • 4月08日(木)  9:00~17:40
  • 4月09日(金)  8:30~17:10
  • 4月10日(土)  8:30~17:00

総会長

髙橋 寛二 先生(関西医科大学眼科学教室  主任教授)

会場

大阪国際会議場 3F

眼科システムClaio」 「C-Note」 「REMORA」 「DocuMaker
大学病院からクリニックまで、多様な運用環境でご利用いただいている電子カルテ、ファイリング、文書システムをご用意しております。 ご要望に合った組み合わせと運用事例をご案内させていただきますので、お気軽にブースへお越しください。 視線分析型視野計GAP
新設計のヘッドマウントディスプレイによって軽量化と精度向上を実現し、患者負担をさらに軽減した視野計「GAP」の最新型を展示いたします。 ボタン操作の要らない静的量的視野検査を、この機会にぜひご体験ください。
緑内障プロトコルG-QuICC DB プログラム
電子カルテ化、ファイリング・グラフ化の次の領域へ。 目標眼圧・治療継続・治療強化など、方針決定における重要な判断を強力にサポートいたします。 緑内障専門医の知見と膨大なデータ解析結果を「G-QuICC DB プログラム」が共有し、緑内障診断のクオリティ向上を目指します。

1月

公式サイト

【京都】
第44回日本眼科手術学会学術総会

現地開催中止のお知らせ
新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、現地での会場開催から「オンデマンド配信によるWeb開催」へ変更となりました。
弊社ブースへのご来場を予定されていた皆様には深くお詫び申し上げます。何卒、ご理解を賜ります様お願い申し上げます。
詳細は、第44回日本眼科手術学会学術総会の公式サイト( https://www.jsos.jp/jsos44 )をご確認ください。
また、弊社ではオンラインデモを行っております。気になる製品がございましたら お問い合わせページ よりお気軽にご連絡ください。

期間

  • 1月29日(金)  9:00~17:30
  • 1月30日(土)  9:00~17:00
  • 1月31日(日)  9:00~12:10

会長

北岡 隆 先生(長崎大学大学院  医歯薬学総合研究科  眼科・視角科学分野  教授)

会場

国立京都国際会館  イベントホール  ※オンデマンド配信によるWeb開催に変更

手術予定管理システム
眼科特有の左右眼オペ管理、柔軟な時間調整と操作性、独自情報の管理を実現いたします。 デジタル化による統計情報に加え、書類転記の自動化により働き方改革を支援いたします。 G-QuICC
緑内障専門医の判断基準で、治療開始時に「目標眼圧」を設定し、経過観察では治療の「継続」or「強化」をアドバイスいたします。 膨大なデータ解析により緑内障診療のクオリティー向上を実現することを目的としたアプリをご紹介いたします。
GAP
精密視野測定「GAP-screener」および静的量的視野計「GAP」の2機種を展示いたします。アイトラッキングの精度向上に加え、AIを用いた新しい視線分析ロジックを採用したことで、今まで以上に高品質なデータ取得を実現し、検査速度も短縮されています。 眼科システム
大学病院からクリニックまで、全国で採用いただいているファイリングシステム「Claio」。
病院向け記事記載システム「C-Note」を元に自由な記載感覚を実現し、目に馴染む優しいデザインを採用した新しい診療所向け電子カルテ「REMORA」をご覧ください。

▲ ページの先頭へ